portfolio

大和大路の家

大和大路の家

 通りに面するステンレス製の格子、通り庭、坪庭、そして奥庭に進むにつれ視線が制御され、異なる場をもつ京町家形式の住まいです。坪庭と連続する開放的な通り庭とは対照的に、そのすぐ隣には洞窟のような和室を設え、応接室や客間、ギャラリーなど多目的な用途に対応できるように計画しました。また坪庭の奥にある居間と食堂は、玄関とは視線が交差しないように窓を計画することで、より親密な空間を実現しています。

●所在:
京都府
●竣工年月:
2017年
●カテゴリー:
住宅